ホームページ制作に必要なスキル

ホームページ制作をするためにはまずはパソコンを使いこなせる必要があります。キーボードをある程度早く打つ事ができないと時間がかかりすぎてしまいます。さらにHTMLというプログラムのような言語を身につけている必要もあります。HTMLを知らずにホームページ制作をすることは出来ないのです。とはいっても、ものすごく難しいわけではなく独学をすることも可能です。書店に行ってHTMLの入門書を購入してきて一月ほど熟読するだけでHTMLをある程度までは使いこなすことが出来るようになります。
更に必要なのがレンタルサーバーの知識です。ホームページのデータを作ってもそれをアップロードしておく為の場所がなければならないのです。このように様々なスキルが必要です。しかし、その一つ一つは大して難しくはないので、個別に対処をしていけばよいです。
一番大切なのは企画をしっかりと作ることです。技術だけ身につけてもどんなホームページが作りたいのかという明確なイメージがなければ、良いホームページをつくり上げることは出来ないのです。ホームページ制作には少々時間がかかりますが、それを達成することができたら大きな達成感を感じることが出来ます。

お役立ち情報

ホームページ制作にかかるコスト比較

ホームページ制作にかかるコストは、初期の段階でどのような機能を盛り込むかによって代わります。
会社案内などの静的なコンテンツが中心の場合で、相場として20万円から50万円前後、通販や会員管理などの機能を組み込む場合で100万円前後が一つの目安となります。
近年よく見られるのが、初期費用を抑える「リース契約」によるホームページ制作です。これは、初期費用を格安または無料に抑え、月額2万円から3万円前後の「リース料」(御社専用のホームページを作って、それを貸し出す、という契約になります)を支払うというものです。この方法のメリットは初期費用の負担が軽いことですが、リース契約は原則として2年から3年前後の契約期間を設け、その期間内には解約が出来ないという契約になっています。仮に月額2万円×2年のリース契約とすると、2年間の支払い総額は24万円、月額3万円×3年のリース契約なら支払い総額は108万円となり、支払い総額は大差ないか、あるいはやや高めになることが多いです。また、契約期間中はたとえ弁護士を通じても解約が出来ない契約になります。契約期間内に事業を縮小したり、場合によっては撤退することも有り得るという(一般的な)リスクを考えると、必ずしも得策とは言いがたいものです。
ホームページ制作は、費用を一括で払うか分割で払うか、分割で払う場合には中途解約が出来るかなどを、よく検討することが重要です。

element.style